2010年10月

2010年10月25日

スタート~第1レグ



スタート前の準備風景





4人馬そろって、スターと地点へ向かう。
ユニフォームがよく目立ち、すぐに見つけることができるのがメリットだった。





スタート風景。日本チームがなかなか来ないで、だんだん心配になってきました。
先頭の人馬とは
3分以上の差がついたスタートでした。





ティム号元気に帰還





1レグの歩様検査


後半へ続く→今しばらくお待ちください!





ahr02 at 09:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)WEG kentucky 2010 

2010年10月24日

獣医検査~開会式



獣医検査前の引き馬風景





ボランティアのグルームの人たちのポニーボーイのマッサージ。
「気」を送っているのか?





開会式出場のために待機中。日本チームの旗手、最年少出場者(18)の佐々木彩妃ライダーが選ばれた。





開会式会場へ向けて行進中





開会式行進中風景。
この開会式風景は、今回完走した西山ライダーが撮影してくれました。


ahr02 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)WEG kentucky 2010 

2010年10月04日

ゾルタンとピピカの登場



9月13日午後1時過ぎ。ゾルタンとピピカの到着の日。
この後ピピカとゾルタンの到着の興奮振りを見てください。後ろのほうで跳ねている馬たちに中にラーングに姿も見ることができます。






9月13日午後2時ごろ、ゾルタンとピピカが到着しました。






ゾルタンをゲルディングの放牧地に入れ、ピピカを雌馬の放牧地に入れ、それぞれを馴らそうとしましたが・・・奥の放牧地がゲルディング(せん馬)の放牧地で、こちらは比較的早く落ち着きましたが、雌馬の放牧地に1頭のゲルディングが入っているので、これが災いしてなかなか落ち着きません。この様子を見ていた問題児であり、怪我療養中のアイディール、TC、バンディトたちが奥で大騒ぎしています。よく見ると、ラーングは何がおきたのもわからず、何の反応もしていません。
やはり一気に馴らすのは無理なようで、時間をかけてじっくりと一緒にしていきたいと思います。


ahr02 at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーングの成長記録 

スタリオン・コーナーに位置するラーング


AHR牧場の入り口付近に『アラビアン・ホース像』があり、スタリオンたちの個別のパドックがあります。ここにアラブのスタリオン、そしてドサンコのスタリオンのパドックがあります。その横に、 怪我療養中かあるいは問題がありほかの馬と隔離されている馬のパドックコーナーがあります。




9月4日、スタリオン・コーナーの紹介





ラーング、スタリオン・コーナーに







9月5日。にんじんをおねだりするラーング。
後ほど入り口でにんじんを購入。にんじんをあげることに熱中して撮影を忘れてしまいました。









ahr02 at 14:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ラーングの成長記録