2012年04月

2012年04月18日

エンデュランス・ザ・ベスト・ジャパン・カップCEI、伊豆パノラマ・ライド2012年4月

日時:201246日(金)~7日(土)

場所:静岡県国立公園高室山伊豆ホース・カントリー一帯特設コース(アラビアン・ホース・ランチ)

主催者: 伊豆パノラマ・ライド大会実行委員会




3*3頭が午前6時スタートの最初の周回コースを回る。放牧地を右手に見て、左手には富士山。水道タンクを回って、馬房棟、室内馬場棟の間で再び姿が見え、1周半。残り半周でエンデュランスコースに入っていく。




室内馬場の紹介と事務所部分





3*の第1レグゴール風景。第1レグの最終として周回コースを5周回って最後の常足の3組の人馬。

ahr02 at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)伊豆ホースカントリー 

2012年04月04日

国立公園高室山  伊豆ホースカントリー、はじめての馬房紹介

324日 (1)

与那国馬、トカラヤギのペーターとユキちゃん。出産を控えたピピカとマキナ。昨年誕生したジェレミーとエー・スター。競技で大活躍のアラブセン馬のティッカーテープ、ファウスト、ポニーボーイ、アズ、カリーム、ギィタップ、ゾルタン、バンディット、TC,アイディールが、中央列の馬房に位置しています。




324日(2


出産のためにドサンコ・ポニーとしては1頭だけ伊豆のランチに滞在しているヒメ。1頭でも、何も動じることなく、存在感が強い馬だ。




324日 (3

ヒメから離れた馬房にいるスタリオンたち。ラーングは2歳になったスタリオン候補生。父親のシャギャ種のヤノスが、ラーング生誕直前に死亡したためシャギャ種の血統を維持する考え。種馬とし来日したケースター号(エースターの父親)とジュニアー号(ジェレミーの父親)




324日 (4

ウサギたち。ラプラドールのみよちゃんが番犬としてつながれているのが、雄ウサギ2頭。この雄ウサギを同じ囲いの中で放すと、死闘を繰り広げるそうだ。隣の馬房の中で飛び跳ねているのが、ブログで紹介した脱走ママウサギがひそかに出産した子ウサギたちだ。馬房の前で番犬としているレトリバーのテビス君がママウサギを牧場中追い回していたのがおかしい。ママウサギはほかのメスウサギと一緒に犬のケージに入っている。このほほえましい光景の先には、ラーングとエースターの2頭を出産したベテランママさんのアイマ。4月の大会では80kmJEF競技で復活の予定だ。その隣がカメオの娘の花子、なかなかママになれないアティナ、卵巣腫瘍のために卵管を縛ってしまったシネル。

以上が馬房の雰囲気です。海外の納屋の雰囲気に近づいて、さまざまな動物たちがいる、なんとも和やかでほのぼのとした雰囲気です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


2012年3月Horse  019大島がくっきりと見えます。晴れていれば、家並みを見ることができます。










2012年3月Horse  020大島の左手に見える三浦半島、3月の終わりの悪天候で、この程度ですから、もっともっとよく見えます。










2012年3月Horse  021真っ赤な朝日です。




 


 



ahr02 at 13:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)伊豆ホースカントリー